シリコンの真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たつの市 美容院 美容室画像

こんにちは♪

 

たつの市で髪質改善をメインに美容院をしている

 

VIREKA(ビレカ)の徳永です✄

 

 

髪質改善といっても様々な方法があり、

 

一人ひとりに合った無理のない方法で

 

改善していくことが一番の近道です。

 

 

このブログを通じて何かしらのヒントが見つかり

 

役立てて頂ければ幸いです^^

 

 

今回は、

 

“シリコンの真実”

 

について書いていきます。

 

 

『髪の毛がパサパサしてきたな~

 

きれいにしたいな~

 

 

なんかシャンプーやトリートメントでいいのないかな~

 

やっぱりノンシリコンがいいやろ』

 

 

みたいなことを頭で考えてたり、

 

会話したことってありませんか?

 

 

シャンプーやトリートメントは基本的に毎日使う消耗品なので

 

できるだけ安くきれいにしたいですよね?

 

 

そんなあなたに参考になるような

 

“シリコン”

 

のことを書いていきます。

 

シリコンの真実

たつの市 トリートメント画像

あなたはシリコンって聞いてどう思いますか?

 

 

ネットや噂、

 

いろんな情報が入ってきてると思いますが、

 

 

ざっくりとこんな感じではありませんか?

 

 

「シリコンが毛穴に詰まったらはげるらしい」

 

「髪の毛が逆にダメージするらしい」

 

「体にとってよくないらしい」

 

「地肌にもよくないらしい」

 

「シリコンがついたらとれへんらしい」

 

 

みたいな感じですかね。

 

とりあえず“らしい”のオンパレードしてみました(笑)

 

 

これを見る限りではシリコンというものに対して

 

いい印象を持ってないと思います。

 

 

そんなシリコンを避けてきたあなたですが、

 

実はシリコンって必要ですよって話です。

 

 

てか、

 

もう使ってると思います^^

 

シリコンとは

たつの市 トリートメント画像

そもそもシリコンって何なんって話なんですが、

 

シリコンとは“ケイ素”という元素を表す言葉なんですね。

 

 

シリコンって言われたら

 

 

液状のドロッとしたものをなんとなく想像すると思うんですが、

(シャンプーやトリートメントがそうなので)

 

シリコン自体はガラス状の固体なんです。

 

 

シリコンは他の物質と化学的に反応しにくいということもあって

 

安定した性質を持っているんですね。

 

 

今は少なくなりましたが、

 

昔はトリートメントだったり、洗い流さないトリートメントのオイルが

 

 

さらっとではなくてドロッと重たいものを

 

使ってる方が多かったように思います。

 

 

なのでシリコンが多いギラギラベタベタした髪の毛のまま

 

パーマ、カラーすると

 

 

“きれいにカールがかからない”

 

“きれいに発色しない”

 

 

なんてこともあったんですね。

 

 

じゃあシリコンの何が良いのかというと

 

例えば飲み込んだとしても全く反応しないし、害にならないといわれています。

(オイルやトリートメントは飲んではいけませんよ!シリコン単体の話です)

 

 

また、

 

外からの熱や摩擦などのダメージを受けても変化しにくいです。

 

 

なので、洗い流さないトリートメントなんかには入っています。

 

シリコンが入ってるおかげで熱ダメージだったり、

 

寝てる間の寝返りによる枕との摩擦ダメージも軽減できるわけです。

 

 

なので、

 

ぼくたちが知っているシリコンは身近な存在であり

 

 

「私、ノンシリコンつかってるんです!!」

 

て言ってても

 

 

入ってるの使ってますやんみたいなことも実はあったりします(笑)

 

 

シリコンの種類

 

シリコンにもいろいろ種類があって

 

代表的なものが

 

 

ジメチコン、シクロペンタシロキサン、アモジメチコン、シクロメチコン

 

 

というものがあります。

 

 

例えば、

 

ジメチコンというのは

 

 

高い皮膜力を持っているのでしっかり補修するトリートメントや

 

重ためのものに使われてたりします。

 

 

次にシクロペンタシロキサンは、

 

分子が小さく皮膜性が低めです。

 

 

なので、

 

軽めのトリートメントに使用されてることが多いです。

 

 

その間くらいアモジメチコンですね。

 

 

シクロメチコンは揮発したらなくなってしまうシリコンだったりします。

 

 

このようにシリコンといっても

 

それぞれの特徴があって皮膜性が違います。

 

 

厳密にいえばジメチコンという分子でも分子量によって性質が違うみたいですが、

 

そこの分野は研究者に任せましょう^^;

 

 

早速見てみよう

 

今使っているトリートメント、

 

もしくは洗い流さないトリートメントの裏の成分表記を見てください。

 

 

見ましたか?

 

 

たくさんのカタカナがあると思うんですが、

 

 

なんちゃらかんちゃらの最後に“コン”“シロキサン”とついてる

 

カタカナはありませんか?

 

 

ある方…..おめでとうございます!

 

それがシリコンです^^

 

 

なかった方…..落ち込むことはありません(笑)

 

 

シリコンが入ってなくて、尚且つ今使ってるものが合わないと思ってたら

 

入ってるものを使うと、

 

もしかしたら気に入るかもしれません。

 

 

ただ先ほども言ったようにシリコンでも皮膜性の強弱があるので

 

重く感じたり、逆に軽くて物足らなくなる感じることもあるので注意してください。

 

 

こんな感じでシリコンについて書いてきましたが、

 

今までシリコンに対して間違ってる認識が多くなかってですか?

 

 

実はシリコンって身近な存在で、

 

化粧品にも使われてたり、

 

研究や医療などにも使われてたりします。

 

 

それぐらい科学的にも非常に優れてるといわれていますし

 

生活を快適にしてくれるものなんですね^^

 

 

シリコンってツヤを出すためだけのもので

 

なんの根拠も知らず、

 

 

必要ないって思ってるほど

 

浅い知識だけには流されないでくださいね。

 

 

まとめ

たつの市 トリートメント画像

今回は、

 

“シリコンの真実”

 

について書いてきました。

 

 

シリコンはトリートメントや化粧品、

 

研究や医療でも使われてるものであり

 

髪の毛に関しては熱や摩擦から守ってくれます。

 

 

またシリコンでも皮膜性が高かったり低かったりするものや

 

軽かったり重かったりするものがあります。

 

 

シリコンはダメと決めつけるのではなく

(知らない間に使ってることが多いですが)

 

自分に合うものを使えばなんら問題はないということでした^^

 

 

シリコンは悪だということがなぜ広まったかについては

 

また書きますね☆

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

たつの市で髪質改善をメインに美容院をしているVIREKA(ビレカ)の徳永でした✂︎

 

TEL 0120-39-0077

 

 

たつの 美容院画像

 

 

SNSでもご購読できます。