カットで髪をキレイにする方程式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たつの市 美容院 美容室画像

こんにちは♪

 

たつの市で髪質改善をメインに美容院をしている

 

VIREKA(ビレカ)の徳永です✄

 

 

髪質改善といっても様々な方法があり、

 

一人ひとりに合った無理のない方法で

 

改善していくことが一番の近道です。

 

 

このブログを通じて何かしらのヒントが見つかり

 

役立てて頂ければ幸いです^^

 

 

さて今回は、

 

“カットで髪をキレイにする方程式”

 

というテーマで書いていきます。

 

 

髪をキレイにしていく方法はいくつかありますが、

 

その中でも今回はカットをメインに書いていきたいと思います。

 

 

突然ですが、あなたは10代ですか?

 

それとも20代ですか??

 

もしくは30代???

 

 

実際は何歳でもいいのですが、

 

 

聖子ちゃん世代の方はブロー全盛で、

 

くるくるドライヤーやブラシで

 

ブローをしっかりされてる方なんかは多少ダメージがあると思います。

 

 

これらのダメージは、

 

熱、摩擦、引っ張る力によってできるダメージですね。

 

 

が、それについてはまた次回書くとして、

 

 

今回は中間あたりや表面に細かい毛が、

 

ホワホワ~!!ってあるやつ。

 

 

たつの 枝毛画像

 

(すみません(笑)画像がなかったのでこれにしました^^)

 

 

 

その中間あたりや表面に細かい毛が、

 

ホワホワ~ってあるやつ

 

 

3ステップのカットでキレイにしていく方法について

 

書いていきたいと思います。

 

 

そのあとに、

 

“じゃあそもそもそのホワホワ~を増やさないようにするには”

 

について3つの方法をご紹介します^^

 

 

最近はあまり見かけなくなりましたが、

 

初めて来られる方でたまにいらっしゃるんですね。

 

 

そんな方にその時はお店であれこれしながら、

 

アドバイスさせていただいたき、

 

 

それを皆さんがお家で実践していただいてるので、

 

改善されていきますが、

 

 

通常の薬剤などでできる枝毛とはまたちょっと違うパターンです。

 

 

ぼくは“毛羽立ち”と言っていますが、

 

 

これはどのような状態かというと、

 

途中でできてしまっている、要は変に反り返ってる状態なんですね。

 

 

全部の毛じゃありません。くせ毛でもありません。

 

まっすぐ下に降りてる毛がある中にピコピコ立っている毛です。

 

 

これは擦れることによってできてる枝毛(毛羽立ち)なんですね。

 

 

要は寝てるときに枕と頭の間に挟まれた毛が

 

擦れることでできてしまいます。

 

 

また半分しか乾いてない状態で擦れると最悪です。

 

 

これになってしまってるせいで、

 

光の反射を妨げているんです。

 

 

つまり乱反射ですね。

 

 

まずはこれをカットで減らしていくことで

 

見た目はツヤッツヤになっていくし、

 

手触りもサラッサラになっていくというわけです。

 

髪をキレイにする3ステップカット

たつの 枝毛画像

①中間の枝毛(毛羽立ち)をカット

まずはタテにスライスをとって、

中間から根元に向かってカットしていきます。

そうすることで、中間あたりにある枝毛が少しずつ減っていきます。

 

②毛先の枝毛(毛羽立ち)カット

次は毛先です。

毛先も反り返ってる部分を今度は中間から毛先に向かって

カットしていきます。

 

③表面の枝毛(毛羽立ち)カット

最後に全体をとかしてみて、

表面に出てくる枝毛をカットしていきます。

 

 

実はさらに裏技があって、

 

それは髪の裏側の枝毛も切るんです^^

 

 

これは来ていただかないとなんとも説明しづらいので

 

今回はスルーしますが、

 

 

このようにして髪を整えていくと

 

かなり手触りが変わってきます。

 

 

これらのカットは、

 

通常のカットにプラスで行います。

 

 

なので、

 

 

ベースカット→ドライカット→枝毛(毛羽立ち)カット

(ビレカでは4400円、割引適用外)

 

 

このような流れになります。

 

 

もし気になった際は、

 

『毛羽立ちカットもしてください』

 

と言っていただけたらしますのでお願いします。

 

 

ただし、全部がなくなるわけではないので、

 

そもそもそうならないようにしなければいけません。

 

どうすれば枝毛(毛羽立ち)を防げるか

①お風呂上がりのタオルドライを優しくする

美容院ではガシガシって拭かないですよね?

頭皮はしっかり拭きますが、髪の毛にはあくまで優しくソフトにします。

そうすることでタオルによる摩擦ダメージを減らします。

 

②髪に水分が含まれたまま布団に入って寝ない

これはもう何度も言われてると思いますので、

ダメなのはわかりますよね?

 

③ナイトキャップを使う

めんどくさいですが、これがなかなか良いです^^

驚くほど髪質が変わりますよ!

Amazonや楽天でも安く購入できるのでおすすめです♪

 

 

 

 

ナイトキャップのメリットと特徴

先ほどのパターンである枝毛(毛羽立ち)というのは、

 

枕と頭の間に挟まれる毛が擦れることで

 

できてしまうとお伝えしました。

 

 

なので、

 

 

ナイトキャップを被って寝ることで、

 

ナイトキャップの素材であるシルクが1枚間に挟まるので

 

ほぼ摩擦が起こらなくなります。

 

 

さらに適度な湿気が保たれるので、

 

髪質の状態も良いです^^

 

 

例えば寒い日や秋冬の季節になると空気が乾燥してきます。

 

乾燥すると髪の毛は硬くなります。

 

 

硬くなってしまった毛に摩擦による力が加わることで、

 

枝毛(毛羽立ち)ができてしまいます。

 

 

これらを防いでくれる貴重なアイテムが、

 

ナイトキャップなんですね^^

 

ちなみに、どうしてもかぶって寝るのがイヤ!という方は、

 

このシルクの枕カバーもおすすめです^^

 

 

 

まとめ

たつの 枝毛画像

 

今回は、

 

“カットで髪をキレイにする方程式”

 

というテーマで書いてきました。

 

 

カットでは、

 

枝毛(毛羽立ち)特有のカットがあり、

 

 

通常の枝毛とは違い、

 

折れてる部分(毛羽立ち)を切ることで抑えられ、

 

 

切られた短い毛を伸ばし家でお手入れすることで、

 

 

結果的に、

 

 

毛並みがツヤツヤになり手触りがサラサラになります。

(クセがまっすぐになるということではありません)

 

 

ただ、

 

 

髪の毛というのは良く見ると、

 

伸び方のスピードや、途中で切れたりしてて複雑です。

 

 

なので、

 

 

その短い毛が折れないように、

 

 

①タオルでの髪の拭き方

②濡れたままで寝ない

③ナイトキャップを利用する

 

 

ということが大切です^^

 

 

たまに枝毛カットしたらダメですって言ってる人いますが、

 

そのままほったらかしにしてたら、

 

もっと枝毛(毛羽立ち)しますよって話です。

 

 

きちんとやればグッと良くなるので、

 

しっかりとケアをして寒い時期に向けて備えましょう!

 

 

では、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

たつの市で髪質改善をメインに美容院をしているVIREKA(ビレカ)の徳永でした✂︎

 

 

TEL 0120-39-0077

 

たつの市 美容院 美容室画像

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。