【ダメージ減少】ストレートアイロンの正しい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たつの市 美容院 美容室画像

こんにちは♪

 

 

たつの市で髪質改善をメインに美容院をしている

VIREKA(ビレカ)の徳永です✄

 

 

髪質改善といっても様々な方法があり、

一人ひとりに合った無理のない方法で

改善していくことが一番の近道です。

 

 

このブログを通じて何かしらのヒントが見つかり

役立てて頂ければ幸いです^^

 

 

さて今回は、

“【ダメージ減少】ストレートアイロンの正しい使い方”

というテーマでお届けしたいと思います。

 

 

美容院ではうまくきれいに仕上げてくれるのに

 

家ではあんまりうまくいかないってことありません?

 

 

もちろん技術の差はあるけど、

 

皆さん意外にも間違ったストレートアイロンの使い方を

 

されてる方が多いです。

 

 

今回の記事を読んで、

 

知識とコツを身につけていただき、

 

ストレートアイロンを正しく使っていただくことで、

 

 

朝から晩までしっかり保てるストレートになり、

 

ダメージも最小限に抑えられますので

 

ぜひ最後まで読んでくださいね^^

 

 

さっそく結論からいうと

 

髪の毛はダメージを受けやすい温度があります。

 

 

それが、130°なんですね。

 

 

え‼ 低っ!!

 

 

そう思いませんでしたか?

 

 

実はこれには理由があるんです。

 

 

その前に、

 

ストレートアイロンや温度設定について

 

理解していただくと

 

自分でストレートアイロンをする時に役立ちます♪

 

 

ストレートアイロンを理解する

たつの市 アイロン画像

なぜまっすぐになるのか

ストレートアイロンは髪の毛の”水素結合”に作用するんですね。

 

水素結合というのは髪の毛が濡れるとこの結合が離れて

 

乾くとまたくっつく結合です。

 

 

例えば、

 

髪の毛を一生懸命ブローしてまっすぐにしても

 

雨に濡れると癖がでてしまうのは

 

この水素結合が原因です。

 

 

髪の毛の中には水分があります。

 

水分が多いと癖が出やすくなります。

 

 

髪の毛をドライヤーで乾かし終えると

 

水分が抜けてるように感じますが

 

髪の毛の中には水分が残っているんですね。

 

 

その残った水分をさらに水蒸気として飛ばして

 

ストレートにするのがストレートにアイロンなので

 

ストレートアイロンはブローよりも

 

さらに髪がまっすぐ伸びるということなんです。

 

 

ではこのストレートアイロンを使うとき

 

あなたはいつも何度で使っていましたか?

 

 

おそらく140°~180°の方が多いんじゃないでしょうか。

 

たまに200°の方もいます^^;

 

 

『傷むから使わない』って方もいますが

 

使ってる方の多くは

 

髪の毛にダメージを与えないように

 

なるべく低く使ってると言われます。

 

ストレートアイロンの温度設定

たつの市 アイロン画像

初めに言ったように

 

髪の毛は130°になるとダメージを受けやすいと

 

言いました。

 

 

熱を加えるとキレイに見えるけど、

 

髪の毛はほぼたんぱく質でできているので

 

熱を加えると固まる性質をもっています。

 

 

これはお肉やたまごと同じですね。

 

 

で、この固まった状態のことを

 

“タンパク変性”と言います。

 

 

そのタンパク変性は130°を超えると

 

起こると言われているんですね。

 

 

なので、

 

熱を加えて130°を超えるとタンパク変性が起こり

 

髪の毛は硬くなってさらに熱を加え続けると

 

“炭化”という状態に陥ってしまいます。

 

 

これは字の通り、

 

炭みたいにもっと硬くなってしまう

 

ということです。

 

 

ここまでいくと炭みたいな状態なので

 

水分はほぼなく、当然ツヤもありません。

 

バッサバサな状態になります。

 

 

炭化まで進行してしまうと

 

今の技術では治すことができません!

 

切るしかないです。

 

 

怖いですよね⁇

 

アイロンするときれいになるので

 

どうしても毎日使ってしまいませんか?

 

わかります。

 

 

ただし、

 

使い方は重要です。

 

 

熱によるダメージは知らないうちにどんどん蓄積されて

 

まるで癌のように

 

気づいた時には手遅れになっていることが多いです。

 

そこまでいくと最悪切らないといけません。

 

なのでマジで注意が必要です。

 

 

ではこれを聞いてあなたはストレートアイロンを使うとき

 

130°以下で使いますか?

 

 

癖が弱い、もしくはほとんどない方は大丈夫ですが、

 

癖が強い、ボリュームがある方なんかは

 

おそらくあまり低い温度だと癖が伸びにくく

 

逆に何回も同じ場所をアイロンでスルーさせてしまいますよね?

 

 

その何度も何度もアイロンをすることが

 

摩擦でさらに髪の毛が傷んでしまう原因です。

 

ではどうすればいいでしょうか?

 

ストレートアイロンを通した時の温度は-50°

たつの市 アイロン画像

実は髪の毛が130°の温度になるのは

 

アイロンの温度の-50°と言われています。

 

 

つまり、

 

仮にアイロンの温度が180°だった場合、

 

一回髪の毛にスルーすると-50°なので130°ということになります。

 

ちなみに何回も同じ場所にアイロンを通してしまうと、

 

温度はどんどん上がってしまうので注意しましょう。

 

 

なので理想は、

 

アイロンの温度設定は180°にして

 

髪の毛に1回だけ通して1発で決める!

 

 

これが最もタンパク変性になりにくく

 

髪の毛のダメージを最小限に抑えるテクニックです^^

 

 

もし自分は1回で決めきれないし、

 

何度もスルーさせてしまうのであれば

 

温度を下げましょう。

 

アウトバストリートメントをつけましょう

さらに傷ませたくない場合は

 

アウトバストリートメントをつけましょう

 

 

その際、髪が濡れている時にオイルではなく

 

ミルクタイプかミストタイプが良いです。

 

 

オイルだとコーティングしてしまい先ほど言ったように

 

中の水分を水蒸気として飛ばしにくくなります。

 

 

ドライヤーのみだと良いですが、

 

アイロンでしっかり伸ばしたい場合は中の水分をなくすことで

 

癖が伸びます。

 

 

最後にオイルをつけるといいですよ^^

(ケースバイケースで先につける時もあるのでその時は聞いてください)

 

まとめ

たつの市 アイロン画像

 

いかがでしたか?

 

今回は、

 

“【ダメージ減少】ストレートアイロンの正しい使い方”

 

というテーマでお届けしてきました。

 

 

①髪の毛に伝わる温度が130°以上にしない

②できるだけ少ないスルーで決める

 

 

これらを意識して取り組んでみてください♪

 

 

今日も最後まで読んでいただき

 

ありがとうございました^^

 

 

たつの市で髪質改善をメインに

 

美容院をしているVIREKA(ビレカ)の徳永でした✂︎

 

 

TEL 0120-39-0077

 

料金表

 

【髪質改善 専門店】 ビレカ – YouTube

 

たつの市 美容院 美容室画像

SNSでもご購読できます。