【髪質改善】おすすめのシャンプーの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たつの 美容院 画像

 

こんにちは!

たつの市で髪質改善の美容院 をしているビレカの徳永です^^

 

今回は“髪質改善するうえでおすすめのシャンプーの種類”について

書いていこうと思います。

 

髪質改善 シャンプー 画像

 

皆さん、自分の髪に何かしらのコンプレックスを抱えていると思います。

 

普段、仕事をしているとよく相談を受けるんですけど、

その中でざっくりですが大きく分けると、

 

硬い毛や毛量の多い方はにやわらかさや、しなやかさ、または軽さを求める傾向があります。

 

逆に、

 

軟毛の方はすぐにカールがだれてしまったり、褪色しやすいなど、髪に弾力がないので、

ハリ・コシがほしいと思っている傾向がありますね。

 

つまり、お互いないものねだりなんですね^^

 

なので、自分の髪と照らし合わせながら

今回の記事を読んで参考にしてください♪

 

 

髪質改善する前に髪質&頭皮トラブルの原因を探る

 

髪質改善 シャンプー 画像

 

 

シャンプーを適当にしてしまうと、頭皮トラブルの原因になります。

頭皮がだめになると、当然ですが健康な髪が育ちません。

髪質改善するうえで、頭皮は最も重要になります。

 

頭皮がかゆい

・乾燥からくるかゆみ⇒ 乾燥肌、エアコンの影響、水分不足

・紫外線の影響⇒ 頭皮が炎症を起こしている、赤くなっている

・皮脂の分泌過剰⇒ シャンプーの回数、シャンプー剤の種類

・洗いすぎ⇒ 清潔感、お洒落感の優先、汗のかき過ぎ、シャンプーの回数が多い

・シャンプー方法⇒ 指のどこで洗っている? 爪を立てると頭皮の炎症に

・季節⇒ 春:暖かくなることにより皮脂の分泌過剰

     梅雨:湿気による

     夏:汗をかくことにより、雑菌の繁殖

     秋:気候の変化に対応しきれない

     冬:空気の乾燥

 

フケが出る

・フケがカサカサ⇒ 皮膚の剥がれの場合が多い

・乾燥からくる場合が多い

・フケから、頭皮の臭い、炎症、頭皮ニキビ、雑菌の繁殖、抜け毛の原因にまで発展してしまう事もある

 

湿疹ができる

・アレルギー反応の場合もあります。
・病気の症状の場合もあります。
・パーマやヘアカラーの直後に現れる場合もあります。
(アレルギー又は、アルカリによるカブレ)

 

髪のコンディションが悪くなる原因

・洗い上がりがキシキシする⇒ 洗浄成分が強すぎるもので洗っている

・髪がパサつく⇒ 洗浄成分が強すぎる、コーティング剤が残ってる場合もある

・まとまりが悪く、広がってしまう⇒ ダメージが原因で毛髪の中のたんぱく質が流出

・ヘアカラーも色が抜けやすい⇒ キューティクルの損傷

・パーマがダレやすい⇒ 髪のたんぱく質で一番重要なシスチンが不足している

・枝毛が出来てしまう⇒ 切れ毛が出来てしまう、切れた所から髪が裂けてしまう

 

髪質改善していくうえで今の状態で最適なシャンプーを選ぶ

 

自分に合うものを選ぶ前に、

まずはシャンプーにはどんな種類があるか説明したいと思います。

 

髪質改善 シャンプー 画像

 

①高級アルコール系シャンプー

 

【成分表記】

・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸アンモニウム

 

「~硫酸と書いてあったら高級アルコール系」と思ってください。

一般的に、石油系シャンプーと呼ばれています。

 

高級アルコール系シャンプーのメリット

・高級といっても原価が安いの洗浄成分なので、

商品自体も価格が安い

・お財布にやさしいのは家計を助けてくれる

・また、少しの量で泡立ちが良いので洗浄力、脱脂力も強いので、汚れがしっかり落ちます。

 

実はドラッグストアなどでたくさん並んでる

1,000以下で買えるシャンプーに使われていることが多いんですね。

 

高級アルコール系シャンプーのデメリット

・洗浄力が強いので、皮脂を落としすぎる

・乾燥肌の人、敏感肌の人には頭皮への負担がかかる

・そのせいで、かゆみやフケの原因となってしまう恐れがある

 

また、パーマやカラーを繰り返して髪のダメージが気になる人は使用を控えましょう!

頭皮だけじゃなく、髪のパサつきの原因になりますよ★

 

高級アルコール系シャンプー おすすめの人

 

・ワックスなどのスタイリング剤を多くつける人

・頭皮がべたつきやすい人

・スポーツをしてよく汗をかく人

 

髪質改善 シャンプー 画像

 

②石鹸系シャンプー

 

【成分表記】

・脂肪酸Na

・オレイン酸K

・石けん素地

その他

 

石鹸系シャンプーは、洗浄成分がせっけんからできているもののことなんですね。

石鹸系シャンプーの成分表示を見てみると、このような成分が含まれています。

 

 

✔ 水

✔カリ石けん素地

✔グリセリン

 

石鹸系シャンプーは自然物を原料とする成分からできてるので

川や海を汚さない自然派で環境にやさしいシャンプーなんですね^^

 

ただし、中には石鹸系シャンプーでも刺激の強い成分も含むものがあるので

注意してくださいね!

 

 

石鹸系シャンプーのメリット

 

・高級アルコール系に比べれば洗浄力はおだやか

・髪質に合えばきれいで健康な髪になれる

・毒性の強い成分が入っていないものが多い

・環境にやさしい

・比較的安価なものが多い

 

石鹸系シャンプーは洗浄力が強いですが、高級アルコール系と比べると洗浄力が弱い傾向があります。

また、石鹸系シャンプーには低刺激の成分を使っているものが多いので、

そういった意味ではアレルギー体質や敏感肌の人にとっては効果的だと言えます。

 

石鹸系シャンプーのデメリット

 

・髪を傷めるおそれがある

・髪がキシキシするのですすぎが大変

・しっかりすすがないと石鹸カスがフケのように残ってしまう

・石鹸カスが残ったままリンスをするとべたついてしまう

・洗い上がりがごわごわする

・慣れるまでに早くても3か月ほどかかる

 

石鹸系シャンプー おすすめの人

 

・元々皮脂が多く、毛穴にも皮脂汚れがたまっている人

 

石鹸系シャンプーの洗浄力で汚れをスッキリ落とすことができます。

そのため、頭皮環境の改善につながり、

頭皮環境が良くなれば毛根に栄養がしっかりと行き届き抜け毛が減ることもあります。

 

逆に、元々乾燥肌の人にとっては洗浄力が強すぎるので、

頭皮の乾燥は抜け毛につながってしまうこともあります。

 

また、洗浄力が強すぎると、

必要な皮脂もとってしまい、頭皮はそれを補おうとして皮脂を過剰に分泌してしまいます。

 

このように洗浄力が強いシャンプーを使用し続けると逆に皮脂でギドギドな頭皮になったり、

皮脂をとりすぎて頭皮が乾燥して頭皮が荒れる原因にもなるので注意が必要です^^;

 

髪質改善 シャンプー 画像

 

アミノ酸系シャンプー

 

【成分表記】

・ラウロイルグルタミン酸Na

・ラウロイルメチルアラニンNa

・ココイルグルタミン酸Na

 

頭皮の乾燥への対策法として、

シャンプーをアミノ酸系洗浄成分のものに替えるという方法をおすすめします。

 

アミノ酸系洗浄成分は高級アルコール系やせっけん系に比べて、

洗浄力や脱脂力がマイルドなので、頭皮に必要な皮脂を残すことができるんですね。

アミノ酸系シャンプーのメリット

 

・洗浄力がマイルド

・刺激が少ない

・防腐剤フリーやアルコールフリー

・ノンシリコンなど頭皮や人体にやさしい配合成分の無添加シャンプーも多い

・乾燥対策だけでなく総合的な育毛ケアとしても優れている

・髪がまとまりやすい

・褪色防止になる

 

ただ気をつけてもらいたいのは、シャンプーの「アミノ酸」という表記には法律上の定義がないんです!!

「アミノ酸」表記のシャンプーを購入しても、

思ったほどアミノ酸系洗浄成分が含まれていなかったり、

石油系洗浄成分が含まれていることもあるので注意が必要です。

 

アミノ酸系シャンプーのデメリット

 

・値段が割高

・成分表を見ないとアミノ酸洗浄成分がどのくらい含まれているか分からない

・洗浄力が他の二つに比べ弱い

・髪のボリュームがダウンして見える

 

アミノ酸系シャンプー こんな人におすすめ

 

・乾燥した頭皮の人

・荒れた地肌の人

・乾いたフケが気になる人(軽度のフケの人、重度だと治療が必要)

 

まとめ

髪質改善 シャンプー 画像

いかがでしたか?

今回は、“髪質改善するうえでおすすめのシャンプーの種類”について細かく書きました。

 

高級アルコール系シャンプーの洗浄力って実は昔から変わってないんですよね。

銭湯やホテルに行ってそこのシャンプーを使ったらギシギシになったっていう経験はありませんか?

 

今の時代、ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正などサロンでの薬液負担は当たり前の時代です。

また、コテやストレートアイロンなどの熱の負担も気になりますよね。

 

そんな現代社会のライフスタイルに合わせて開発されているのが、アミノ酸系シャンプー剤になるんですね。

 

髪の主成分であるたんぱく質、中でも含有量の多いアミノ酸のグルタミン酸の洗浄成分は、

髪の補修をしながら汚れを落とすことのできるすばらしい洗浄成分になります。

 

その分、原価も高くなるので値段も必然的に高くなりますが、

髪質改善した後にホームケアで髪を傷ませたら意味がありません。

 

その為にもアミノ酸系シャンプーをお使いいただくことをおすすめします。

 

どんなシャンプーでも慣れない間は違和感があるかもしれませんが、

毎日洗っても皮脂分を取りすぎないアミノ酸シャンプーは、

頭皮の状態が気になる男性にもぜひおすすめですよ‼︎

 

頭皮を改善することは髪質を改善することに繋がりますのでぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

たつの市で髪質改善の美容院 をしているビレカの徳永でした^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。