縮毛矯正とヘアアイロンどちらが傷む!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たつの市 美容院 美容室 画像

 

こんにちは♪

 

たつの市で髪質改善の美容院をしている徳永です✄

 

今回は、“縮毛矯正とヘアアイロンどちらが傷む!?”

 

について解説していきたいと思います^^

 

はい。

 

また究極の選択ですね^^;

 

美容院で縮毛矯正をかけてくせ毛を伸ばすのと、

 

 

毎日ヘアアイロンを使って一生懸命自分でくせ毛を伸ばすのって

 

 

どちらが髪の毛が傷むって気になったことはありませんか?

 

 

くせ毛の方なら一度は考えたことがあるかもしれません。

 

 

美容師のぼくの意見としては、

 

結論から言うと、

 

 

“毎日ヘアアイロンをするくらいなら縮毛矯正をかけた方がいい”

 

 

です。

 

 

もちろんすべての方に当てはまる訳ではないんですけど、その理由を今から説明してきますね^^

 

 

 

縮毛矯正をおすすめする理由

 

 

それこそ縮毛矯正の薬剤というのはいろいろなメーカーがありますが、

 

 

1つのメーカーがダントツに良いというわけではありません。

 

 

いい薬剤があったとしても、それに近いものを他のメーカーが結局はマネして

 

 

作ってしまうので素人がわかるほどの差はないと思います。

 

 

なので、

 

 

縮毛矯正のダメージというのは美容師の技術力次第というところが大きいように思います。

 

 

ヘアアイロンのダメージも技術力次第ということ。

 

 

縮毛矯正のダメージは美容師の力量

 

縮毛矯正のダメージって美容師さんの縮毛矯正の技術力に

 

 

ある程度比例すると思ってもらっていいと思います。

 

 

もちろん、

 

 

縮毛矯正というのはダメージの大きいメニューなので、

 

 

ダメージがゼロではないですが、

 

 

上手な美容師さんに縮毛矯正をかけてもらえば、

 

 

髪のダメージもあまり感じず髪質が良くなってように感じます。

 

 

下手な美容師さんに当たってしまえば、

 

 

縮毛矯正をしたのにも関わらず癖が伸びるどころか髪の負担が大きすぎて、

 

 

チリチリ・ジリジリ(ビビリ毛)になってしまう可能性もあります。

 

 

縮毛矯正における美容師さんの技術力は雲泥の差があるんですね。

 

 

 

ヘアアイロンのダメージも技術力次第

 

 

当たり前ですが、ヘアアイロンをするのは基本自分自身だと思います。

 

 

その自分自身のヘアアイロンをするスキル次第でダメージは変わります。

 

 

自分自身でやる場合のヘアアイロンのダメージには何が関係してくるかというと、

 

 

“アイロンの温度×アイロンを当てる時間”

 

 

になります。

 

 

当然、毎日高温で伸ばしていればいるほど髪は傷んでしまうし、

 

 

当てる時間が長ければ長いほど髪は傷んでしまいます。

 

 

単純に、高温で長時間当てる組み合わせが一番髪を傷めてしまうということになりますよね。

 

 

そして、それをやるのは美容師のスキルも何もない素人。

 

 

ダメージしているお客様で特にありがちなのがあるあるが3つあります。

 

1つ目は、

 

 

自分が持ってるアイロンが最大220℃まで上がるのを持ってることが良いと思いこんでること。

 

 

当然、毎回高温にさらされてる髪の毛は傷みますし、

 

 

傷んでないように見える髪は伸ばしている時だけ。

 

 

美容師でも180℃や場合によってはそれ以下でも伸ばします。

 

 

なので、もしあなたが高温を使い続けているなら、

 

 

倍以上にケアをした方がいいでしょう。

 

 

2つ目が、

 

 

完全に乾ききってない状態でアイロンをしているケースが多いです。

 

 

ジュージューいいながら伸ばしていることはありませんか?

 

 

これも傷ませる原因の一つですよ。

 

 

最後の3つ目が、

 

 

自分が見える部分、前髪、横の髪、表面の髪を何回も何回も熱を当てて伸ばしている。

 

 

 

これもしすぎると、

 

 

前髪付近やこめかみ、もみあげ周りなどの細い髪はちぢれてきます。

 

 

表面の髪は何回もするので明るくなってくるはずです。

 

 

気をつけましょう^^

 

毎日アイロンするデメリット

 

時間が無駄にかかる

 

 

まず毎日アイロンする時間が無駄にかかります。

 

 

時間に関してはかなり個人差がありますが、

 

仮にくせ毛の髪を全部アイロンでストレートにすると、かなりの時間がかかってしまいますよね。

 

 

確かに縮毛矯正というのは平均で3〜4時間もかかってしまう美容院のなかでも長時間メニューですが、

 

 

一回の施術で当てた部分は半永久的にもちますし、伸びたところが気になるまで数ヶ月は持続します。

 

 

大体の方は4〜6ヶ月ほどの持ちはあります。

 

 

仮に毎日アイロンを30分とすると、

 

 

“120日(4ヶ月)×30分=3600分”

 

 

つまり4ヶ月間で60時間もの時間を費やしていることになります。

 

 

単縮毛矯正よりも何十倍もの時間を要していることになるんです。。。

 

 

縮毛矯正は金額的に高額ですが、

 

 

仮にその時間があれば、バイトでも仕事でも余裕で縮毛矯正代は稼げるし、

 

 

なんでも出来ます。

 

 

ただし時間は返ってきませんよね。

 

 

タイムイズマネーです。

 

髪が傷む

 

縮毛矯正をかけた方が圧倒的に髪の蓄積ダメージは少ないし、何よりも綺麗です。

 

 

指通りも滑らかで髪が柔くなり髪質が変わったように感じると思います。

 

 

湿気のある日や汗をかくと意味がなくなる

 

縮毛矯正のストレートはヘアアイロンでまっすぐにした髪と違って、

 

 

湿気の強い雨の日でも汗をかいてもストレートを維持し続けることが出来ます!

 

 

これはくせ毛さんにはかなりのメリットですよね?

 

 

雨や梅雨時期、夏の季節なんかは家でしっかりセットしたとしても

 

 

家を出た時には意味がなくなってしまうなんてくせ毛の方の中ではよくある話ですよね。

 

 

でも縮毛矯正は髪の構造、形状自体を半永久的にストレートに変える技術なので、

 

 

雨が降ってもくせ毛に戻ることはありません。

 

 

新たに伸びてくる根元部分は元々のくせ毛のままなので、

 

 

ストレートヘアを維持するには数ヶ月置き(個人差あり)にかける必要がありますが、

 

 

かけたところはほとんどストレートのままキープすることができます!

 

 

それでも、縮毛矯正をするお金がない場合やクセがそこまでひどくない方は、

 

 

毎日アイロンをしてもいいと思いますよ。

 

 

その場合はヘアケアに特化したアイロンを使うというのも

 

 

一つの手です。

 

 

今はかなりアイロンも進化していますからね。

 

 

おすすめのストレートアイロン

 

これは美容院の中でもかなり有名なメーカーです^^

 

行きつけの美容師さんに聞いてみて下さい。

 

実際にサロンワークで使われている方も多いです。

 

 

 

 

もしあなたがお金に余裕があってきれいな髪にしていきたい時は断然これです!!

 

ダメージを考慮したら一番じゃないかな~

 

 

 

 

 

本当にいいですよ^^

 

たつの市 縮毛矯正 画像

 

今日も読んでくれてありがとうございました♬

 

たつの市で髪質改善の美容院をしている徳永でした✄

 

たつの 美容院 美容室画像

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。