縮毛矯正した後のシャンプーっていつからしていいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たつの 美容院画像

 

こんにちは♪

 

たつの市で髪質改善の美容院をしている徳永です✄

 

今回は、

 

“縮毛矯正した後のシャンプーはいつからしていいのか”

 

について解説していきたいと思います^^

 

縮毛矯正をした後によく聞かれますが、

 

『いつからシャンプーしていいですか?』

『いつも通りの洗い方で大丈夫ですか?』

 

なんて考えたことはありませんか?

 

ヘアカラーをしたときは、

 

カラーを定着させるために、

 

『今日の夜はシャンプーしない方がいいですか?』

 

というように縮毛矯正をされた方でもこのような質問した方も多いでしょう。

 

単純に、

 

縮毛矯正をした当日にシャンプーはしない方が長持ちすると頭の中にありませんか?

 

このような質問が多いので、

 

今回は、

 

縮毛矯正した後はいつからシャンプーをしていいのか、

 

縮毛矯正後のシャンプーの洗い方や縮毛矯正した髪のお手入れ方法についても

 

ご紹介できたらなと思っています。

 

せっかく美容院で長い時間かけてお尻が痛くなりながら手に入れた

 

さらツヤストレートヘアを少しでも長持ちさせてもらうために、

 

参考にしていただけたらなと思います^^

 

縮毛矯正した後はいつからシャンプーしたらいいですか?

縮毛矯正 シャンプー画像

 

縮毛矯正した後ってかなりデリケートな状態の髪になってます。

 

いつから洗っていいのかということですが、

 

基本的には、あててから24時間以上たった後だといわれているんですね。

 

縮毛矯正は1剤で髪のクセをとって、

 

アイロンやドライヤーとブローで熱を加えて髪をまっすぐに矯正して、

 

2剤で固定させるという順番で施術が行われていますよね。

 

実は最後につけるその2剤が髪に浸透し、

 

しっかりと定着するまでには最低24時間くらいかかると言われています。

 

なので、

 

2剤が定着していない状態の24時間以内にシャンプーをしてしまうと、

 

縮毛矯正がゆるくなった、もしくはかかりが甘くなる可能性があります。

 

ただし、

 

この24時間というのは、あくまで平均的な目安なんですね。

 

もちろん特殊な薬剤や、やり方によっては、

 

その日の夜からシャンプーできる場合や、

 

24時間あけた方がいいという場合もあります。

 

シャンプーをいつからしていいのかは、

 

施術してもらう担当の美容師さんが、

 

薬剤を選定していますので、まず確認してみてください。

 

縮毛矯正した後にシャンプーするときのポイント

縮毛矯正 シャンプー画像

 

さらツヤのストレートヘアを長持ちさせるために、

 

縮毛矯正した後のシャンプーは24時間以上の時間を空けることも大切なんですが、

 

シャンプーの24やり方にもポイントがあります。

 

縮毛矯正した後の髪はデリケートで傷んでいるため、

 

ポイントを意識してシャンプーをしないと、

 

さらツヤの髪をキープしにくくなってしまいます。

 

縮毛矯正をした後のデリケートな髪は、

 

シャンプーの際に負担をかけにくくするために3つのポイントがあります。

 

①弱酸性のシャンプーを選ぶ

 

縮毛矯正をした後は、弱酸性のシャンプーで洗うことをおすすめします。

 

髪の毛というのは元々は、弱酸性なんですね。

 

でも、縮毛矯正用のお薬というのはPH8~9というアルカリ性が多いため、

 

縮毛矯正した後はアルカリ性に傾きやすくなっています。

 

アルカリ性に傾くと何が悪いかというと、

 

ちょっとした摩擦などの外からの負担によって傷つきやすくなってしまいます。

 

そのため、

 

髪が安定する弱酸性に傾くように、弱酸性のシャンプーを使用することをおすすめしています^^

 

他にも、アミノ酸系のシャンプーなども、負担がかかりにくいのでおすすめです♪

 

②やさしい力加減でシャンプーをする

 

縮毛矯正をした後のシャンプーは、いつもよりもさらにやさしい力加減で洗いましょう。

 

先ほども言いましたが、

 

縮毛矯正した後の髪は簡単に傷つきやすい状態です。

 

 

髪だけだなく頭皮を傷つけてしまわないように注意しましょう。

 

具体的なポイントですが、

 

・爪を立てずに指の腹で洗う

 

・髪をこすらず頭皮をマッサージするように泡で包み込むように洗う

 

③シャンプー後はすぐに髪を乾かす

 

縮毛矯正した後は、お風呂からあがったらすぐに髪を乾かすようにしてください。

 

濡れている状態の髪はキューティクルが開いていて傷みやすい状態にあります。

 

開いたキューティクルの隙間から、

 

どんどん髪の水分が逃げてしまって髪の乾燥にも繋がります。

 

なので、

 

なるべく早くドライヤーでキューティクルを閉じるように乾かしてあげてください。

 

ドライヤーは髪の流れに沿って、上から下に風が流れるように当てましょう。

 

また温風と冷風を使い分けることで、キューティクルが閉じてキレイにツヤが出ます。

 

縮毛矯正した後に気をつけたい髪のお手入れ方法

縮毛矯正 ドライヤー画像

 

縮毛矯正した後に気を付けたい髪のお手入れ方法を3つごお伝えします。

 

髪のお手入れをしっかりすることは、

 

縮毛矯正をキレイな状態で長持ちさせることにもつながるので、

 

確認しましょう。

 

①髪の保湿のお手入れをする

 

まず何と言っても、

 

髪の保湿のお手入れ。

 

これを徹底しましょう。

 

縮毛矯正した後で負担がかかっている髪は、

 

乾燥しやすい状態にあるんですね。

 

髪が乾燥することによってさらに髪が傷つきやすくなるという悪いスパイラルが起きやすいです。

 

お風呂から上がったら髪をすぐに乾かすということも、保湿のお手入れの一つになります。

 

ドライヤーの前には洗い流さないトリートメントを使いましょう。

 

使ってる使ってないで縮毛矯正のモチもだいぶ変わりますよ。

 

髪の毛の内側にある水分を保つことができるので、

 

髪を保湿してくれます。

 

②ブラッシングはほどほどに

 

縮毛矯正した後は、必要以上にブラッシングを行わないようにしてください。

 

縮毛矯正によって負担がかかっている髪は、

 

ブラッシングでも傷む原因になります。

 

荒めのクシでとかすようにしてください。

 

③すぐに髪を結ぶのを控える

 

縮毛矯正した後、極力髪を結ばないようにしてください。

 

縮毛矯正をしたばかりの髪は、まだ完全に固定されてません。

 

力が加えられることによって、

 

折れたり曲がったりというクセがつきやすくなるので注意しましょう。

 

キレイな髪を維持するためには、髪をおろしたままのダウンスタイルで過ごせたら理想ですね。

 

あと、

 

クセでついつい髪を耳にかけたりしていませんか?

 

これもあまり良くないので気をつけましょうね^^

 

まとめ

たつの 縮毛矯正画像

今回は、

 

縮毛矯正した後のシャンプーはいつからしていいのかについては、

 

約24時間を空けるということと、

できるだけ弱酸性シャンプーで洗うことを伝えてきました。

 

これを意識するだけでも髪の指通り変わりますので、

 

ぜひ実践してみてください!

 

今日も読んでくれてありがとうございました♬

 

たつの市で髪質改善の美容院をしている徳永でした✄

 

たつの 美容院 美容室画像

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。