なぜタバコを吸うと白髪が増えるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たつの 美容院 美容室画像

 

こんにちは^^

 

たつの市で髪質改善の美容院をしている徳永です✄

 

今回は、

 

なぜタバコを吸うと白髪が増えるのか

 

について書いていきます。

 

 

実はぼくも過去に吸っていた経験があるんですね。

 

 

いろんなことがキッカケで辞めましたが、

やめた今ではメリットしかないですね^^

 

体も健康で、

さらに頭皮や髪にもいいんです。

 

では、その理由について解説していきますね~

 

なぜタバコを吸うと白髪になるのか?

身体全体の血流が悪くなり髪や頭皮に影響

 

タバコを吸うと、まず血管が収縮して血液の流れが悪くなるんですね。

 

血液の流れが悪くなって、滞るようになると身体全体の機能が活力を失い、

髪を作るための毛母細胞や髪の色素を作るメラノサイトにも影響を与えます。

 

髪を作る場所や色素を作る場所がうまく機能しなくなると、どうなるかわかりますよね?

 

そうです。

健康な髪ではなく、やせ細った髪が生え黒髪ではなく白髪になります。

 

最悪の場合はまれに脱毛症になることもあるんですよ。

 

怖いですね…

 

ビタミン不足になり髪や頭皮に影響

 

先ほどの血流が悪くなって髪や頭皮に影響する話と重複しますが、

 

タバコを吸い続けると、

体の中に入ったニコチンを人間の身体というのは悪いものと判断します。

 

なので、悪いものは外に出そうということで身体はビタミンを使ってニコチンと戦わせます。

 

そうなると元々身体の中にあったビタミンが減り、

タバコを吸う量が多くなればなるほど、ビタミンが不足してくるんですね。

 

ちなみにビタミンというのは健康な黒髪を生やすためには

とても重要な栄養です。

 

体の中で色素をつくるメラノサイトは、

ビタミンが不足してると黒髪の色である色素は作れないとなってしまい

 

色素のない髪というのは白髪になってしまいます。

 

酸欠状態になってしまう

 

タバコというのは一酸化炭素が含まれています。

 

一酸化炭素が体の中に入ってしまうと、

いわゆる全身が酸欠状態になってしまうんですね。

 

全身が酸欠状態になるということは

先ほども言いましたが、髪を作る毛母細胞や髪の色素を作るメラノサイトに

 

必要な酸素が送れなくなり、いつの間にか自分が知らない間に髪や頭皮の老化が始まっています。

 

酸素不足の状態で生まれてくる髪は、やはり白髪になりやすく、

ひどくなると抜ける周期が早まり毛が抜けてしまうこともありますよ。

 

 

タバコを吸う人の近くにいると白髪になりやすい

 

受動喫煙の危険性

たつの 白髪染め画像

副流煙は喫煙者の吸う煙より体に良くないという話は聞いたことはありませんか?

 

なんとなく聞いたことがある人が多いんじゃないでしょうか。

 

残念ですが、自分が吸っていないのに副流煙によって白髪になる可能性を高めてしまうのは

少なからずあります。

 

タバコ自体には有害物質の侵入を防ぐためのフィルターがついています。

 

当たり前ですが、副流煙が体内に入る場合はフィルターなしで直接体内に入ってしまいます。

 

なので喫煙者よりも有害物質を多く取り入れてしまう可能性があるんですね。

 

じゃあタバコの害から逃れるには

 

吸っている人は禁煙一択

たつの 白髪染め画像

 

タバコが髪に与える影響をなくすには、

やっぱり禁煙しかありません。

 

あなたが本当に白髪や薄毛に悩んでいるのであればやめるしかありません。

 

いくら良いシャンプーを使おうが、良いヘッドスパをしようが

タバコを吸っていれば効果は少なくなります。

やらないよりはマシですが…

 

ちなみにぼくはどうやってやめたかというと、

 

キッカケは『禁煙外来』です。

 

まず何をするかというと、

一酸化炭素濃度というものを測定するんですね。

 

タバコを吸っていると高濃度の一酸化炭素を吸うことになります。

 

一酸化炭素は体の中の血中ヘモグロビンと結合して

酸素のを運ぼうとするのを邪魔するので血液が酸欠状態になります。

 

そうなると心臓にも負担がかかります。

また血管も傷つけるので動脈硬化も促進してしまうんです(>_<)

 

禁煙外来では、与えられた薬を飲んでても初めの2.3日はタバコを吸っても良いと言われます。

 

その後は吸わないようにしないといけないんですが、

この“やめないといけない”というのがもう喫煙者にとってはストレスなんですね。

 

禁煙外来に行ったことがある方でやめれなかったという話を聞いたことがありますが、

多分やめること自体に大きくストレスがかかってると思うんです。

 

つまり、そもそもなんでやめないといけないかを考えるべきなんですね。

 

例えば、理由としては、

 

健康が~

頭皮の薄毛が気になって~

白髪が~

 

とかみんなそれぞれやめたい理由はあるじゃないですか。

 

だけどいざタバコが原因なのでやめようとすると

やめないといけないっって思ってしまう。

 

やめたい理由より吸いたいほうが勝ってしまうというのは、

本当はそこまで悩んでないのかもしれません。

(やめたいけど体が勝手に反応するのは中毒気味かもしれませんが)

 

たつの 白髪染め画像

 

ぼくも吸っていや頃はヘビースモーカー気味で

 

何度もやめようとしては挫折を繰り返した人間なので

気持ちはわかるんです。

 

なので否定はしませんよ^^;

 

でももし、本気でやめたいのであれば、

なぜやめたいのかを先に考えないと、

 

タバコを吸わない=我慢している

 

となるので、

 

ふとご飯食べに行ったりお酒が入ると気が抜けて吸ってしまうとか

 

『1本だけ吸う?』

 

という甘い誘惑に負けてしまうかもしれません。

 

まとめ

たつの 白髪染め画像

 

タバコを吸うと血流が滞りビタミン不足になり白髪に影響するだけでなく、

体の健康にもかなり影響を与えます。

 

また吸わない人も受動喫煙によって何かしらの影響はあります。

 

なかなかやめれない気持ちはとてもわかるので、

少しずつ改善できたらいいですね^^

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

たつの市で髪質改善の美容院をしている徳永でした✂︎

 

TEL 0120-39-0077

 

たつの 美容院 美容室画像

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。